平成31年度春の無料体験会のご案内
- information -

 無料体験会の詳細はこちらをご覧ください   無料体験のお申し込みはこちら
 無料体験会の詳細はこちらをご覧ください   無料体験のお申し込みはこちら

 

ロボットプログラミングコース
- Robot Programming Course -

1 高性能ロボット「レゴ・マインドストームEV3」

タートルロボットプログラミングスクールでは、レゴ社が開発した教育用レゴ®マインドストーム®EV3と専用ソフトを使ってロボットプログラミングを基礎から学んでいきます。

教育用レゴ マインドストームは、MIT(米国、マサチューセッツ工科大学)の研究成果を基にした、科学技術を総合的に学習するロボット教材です。 教育用レゴマインドストームのコンセプトの核となるのは、ロボットの心臓部であるプロセッサーが組み込まれたブロックで、これにプログラミングすることによって、ブロックで組み立てた自律型ロボットは自由でユニークな動きができるようになります。

 

プログラミングに使うソフトウエアは、主に「アイコン」をマウスで操作してプログラミングができるというのが特徴です。まさに「入りやすく、奥が深い」ソフトウエアで、初心者から上級者まであらゆるレベルのプログラミングを行うことができます。

 

 

2 ロボットプログラミングコースの特徴

ロボットセットの購入も、PCの持ち込みも必要ありません!

多くのロボットスクールでは、マインドストームに限らず入会時に何万もするロボットセットを購入しなければなりません。PCの持ち込みを基本としているところもあります。これでは始めるにあたってハードルが高すぎると考え、気軽に始めていただけるようタートルではこちらですべてを持つという方法をとっています。

しかも、プログラミングと機構の基本を学ぶ basic class①(1年目)と basic class②(2年目)から、一人ひとりが考えてロボット作りを行えるように一人に1台使っていただけます。もちろんPCも1年目から1人に1台です。

 

一斉実習だから楽しい!

多くのロボットプログラミング教室では、いつからでも始められるところが多いのですが、それは生徒個々がそれぞれ同じ教室にいながらバラバラなことをやっているということなのです。自分のペースで、という意味ではメリットであるとも言えますが、反面それは孤独な作業であるとも言えるのです。
 その点、タートルでは開始時期が決まっており(4月または10月)、少人数クラス(6名)で同じ進度で進めていきますので、一体感が生まれ、実習が盛り上がり楽しく学んでいただけます。タートルの実習が「楽しい!」と言っていただける所以かと思われます。

 

 

3年目からは様々な課題に挑戦!

basic class①(1年目)と basic class②(2年目)はプログラミングをしっかり習い、アルゴリズムの考え方を身に付けるとともに機構の学習や簡単な組み立ても行います。3年目以降のadvanced classでは様々な課題に挑戦し、プログラミングだけでなくロボットの組み立ても積極的に行います。 課題の面白さもタートルの特徴です。難しい課題に対し、どうすればクリアできるか自分で考え試行錯誤してロボットを組み立て、プログラミングを施していきます。恒例のロボット相撲などを除き課題は毎年変わるので、(advanced class は4年分のコンテンツをご用意)、長く続けていただけます。

また、希望者はWROなどのロボット大会にも挑戦することができます。

 

 

Arduino(アルディーノ)コース

※Arduino(アルディーノ)コースは2019年度は開講されません。

タートルのアルディーノコースでは・・

マイコン(マイクロコントローラ)と周辺回路を備えた小型基盤で、はんだ付けをすることなく回路が作れ、USBポートなどがついています。専用ソフトをインストールすることでPCでプログラミングができるので、様々なものの動きの制御システムなどを作ることができる便利さから、電子工作の新しいかたちを実現した話題のツールとなっています。
 電子工作という趣味の領域のみならず、新しい制御システムを作る際のプロトタイプを手軽に作れるため、プロの間でも利用されています。
 プログラミング言語はC++を使用します。

 

小学6年生、中学生、高校生が対象です

回路や制御の仕組みを理解し、プログラミング言語を使い、ある程度の理解力が必要になってきますので、学年は6年生以上とさせていただきます。PCの操作に関してはゆっくりでもキーボードが打てる程度で十分です。英語に関しても使う文字は順次覚えてゆけばよいです。

スクール講師のご紹介

 

久保田直樹 川崎 一賢(かわさき かずよし)
 

こんにちは川崎一賢です。名古屋大学工学部電気電子情報工学科で、プログラミングや、電磁気学などを学んでいます。現在はロボット、人工知能に関することを調べたり、実験したりしています。これらは本当に、最先端技術、というイメージがあるかもしれませんが、調べてみると、このスクールの、ロボットプログラミングコース、Arduino等の授業がいろんなところでリンクしています。 このように、このスクールでは最先端技術の入り口を知ることが出来ると思います。そんな興味深い授業を、自分も出来るだけ楽しくしていきますので、一緒に楽しみながら、頑張りましょう!

 

久保田直樹 辻真治(つじ しんじ)

こんにちは辻真治です。名古屋大学情報学部でコンピュータについて勉強しています。趣味は、歌うことやギターを弾いたりなど広く浅く色々なことに興味があります。もしかしたら、趣味が被ったりすることもあるかもしれませんね!ちなみにヴァイオリンは弾けません。
 今の情報化が進む社会の中で、プログラミングができる人は将来的に企業などに重宝される人材になると思います。そこで、マインドストームを用いて、プログラミングに対する壁を取り除いて楽しくやっていけたらと思います!一緒に取り組んでいきましょう!

 

時間割と料金(2019年4月~)

ロボットプログラミングコース時間割

basic class① (1年目) 対象:小3~・中3(1回90分 月2回)
第2・第4土曜日 10:00~11:30  
第2・第4日曜日 10:00~11:30 12:00~13:30
advanced class (2年目以降) 対象:小5~・中学生・高校生(1回90分 月2回)
第1・第3(5)土曜日 13:00~14:30 15:00~16:30
第1・第3(5)日曜日 13:00~14:30  

※欠席の場合、同コースの他のクラスに振替えができます。(定員に達しているクラスへの振替えはできません)
 ※全てのクラス催行最少人数3名(3名に満たない場合は、他のクラスをご検討いただくことをご了承ください。
 ※今年度basic class②は開講されません。

 

料金 ※全て税抜

※ロボットの購入はありません。
※ご入会後、月々の受講料は銀行口座からのお引落しとなります。
 その際、事務手数料として月々200円をお引落しさせていただきます。
 (お引落し開始まではお振込みにてお願いいたします。)
※ご兄弟(姉妹)で入会されている場合、下のお子様の受講料は半額となります。
入会金(入会時) 10,000円(税込 10,800円)
保険料(入会時) 150円(税込)
設備・教材費(4月・10月) 6,000円(税込 6,480円)※6か月分
受講料 ロボットプログラミングコース  11,000円(税込 11,880円)※1か月分

名古屋駅前校のアクセス

タートル ロボットプログラミングスクール(名古屋駅前校)

〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-2-10 日進ビル 402 TEL:052-446-7126 FAX:052-446-7127