「考える力」を育てる 理科実験スクール タートル!

スクール紹介

            

タートルロボットプログラミングスクールとは

 ロボットは何十年も前から子供たちに大人気であり、映画やアニメの中でヒーローでした。一方、日本は高度成長時代よりの自動車製造産業の発展とともに、産業ロボットの生産台数、稼働台数において世界№1を誇ってきました。そして、少子高齢化が着実に進む中、ロボット産業は新たな分野で成長が見込まれています。医療・介護・生活支援などのサービスロボットです。経産省とNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の市場予測によると、ロボット産業の国内市場規模は2020年には2.9兆円、2035年には9.7兆円までに成長し、中でもサービスロボットの高い成長が見込まれています。

 このように成長間違いない分野としてロボット産業があり、多様化・複雑化してゆくなかでは、特にプログラミングの重要性は増してゆくと思われます。しかしながら将来にわたってIT人材不足が深刻と言われており、 政府は2025年までにIT関連の人材を現在の2倍にあたる200万人規模へ増やすという目標を打ち出しています。

 同時に、文科省は2020年度から順次小学校~高校でコンピュータのプログラミング教育を必修化する方針を発表しています。

 日本のロボット技術は世界トップクラスと言われています。「ものづくり」×「IT」の代表といえるのがロボットではないでしょうか。

 理科実験スクールタートルの1コースとして4年前に始まったロボットプログラミングが好評につき、今回スクールとして開校させていただくこととなりました。

 タートルロボットプログラミングスクールでは、ロボット作りで機構を学び創造力を伸ばし、プログラミングでアルゴリズムを学び論理的思考力、問題解決力を身に付ける、、、、ロボットプログラミングはこれからの時代の「ものづくり」に必要な能力を育てる新しいかたちであり、取り組んでいただくことにより是非将来の可能性につなげていただけたらと願っております。

 

ページトップへ戻る

タートルロボットプログラミングスクールの特徴

1-1 レゴ・マインドストームEV3を使ったロボットプログラミングコース
 
 タートルロボットプログラミングスクールでは、レゴ社が開発した教育用レゴ®マインドストーム®EV3と専用ソフトを使ってロボットプログラミングを基礎から学んでいきます。

教育用レゴ マインドストームは、MIT(米国、マサチューセッツ工科大学)の研究成果を基にした、科学技術を総合的に学習するロボット教材です。 教育用レゴマインドストームのコンセプトの核となるのは、ロボットの心臓部であるプロセッサーが組み込まれたブロックで、これにプログラミングすることによって、ブロックで組み立てた自律型ロボットは自由でユニークな動きができるようになります。  

  プログラミングに使うソフトウエアは、主に「アイコン」をマウスで操作してプログラミングができるというのが特徴です。まさに「入りやすく、奥が深い」ソフトウエアで、初心者から上級者まであらゆるレベルのプログラミングを行うことができます。 また、このソフトでプログラミングの基礎を学んだ生徒さん用に、C言語などのプログラミング言語を使ってロボットプログラミングをするコースもこの先予定しています。


 

1-2 タートルロボットプログラミングコースの特徴は大きく2つあります

 1つ目には、ロボットセット(6万円弱)の購入が無いことと、PCの持ち込みも必要ないことです。
 多くのロボットスクールでは、マインドストームに限らず入会時に何万もするロボットセットを購入しなければなりません。PCの持ち込みを基本としているところもあります。これでは始めるにあたってハードルが高すぎると考え、気軽に始めていただけるようタートルではこちらですべてを持つという方法をとっています。
 しかも、プログラミングの基本を学ぶロボ①クラス(1年目)では2人に1台、ロボ②クラス(2年目以降)では一人ひとりが考えてロボット作りからやりますので、1人に1台使っていただきます。もちろんPCは1年目から1人に1台です。

 2つ目には、4月スタート生・10月スタート生と、開始時期が決まっていることです。多くのロボットプログラミング教室では、いつからでも始められるところが多いのですが、それは生徒個々がそれぞれ同じ教室にいながらバラバラなことをやっているということなのです。自分のペースで、という意味ではメリットであるとも言えますが、反面それは孤独な作業であるとも言えるのです。
 その点、タートルでは開始時期が決まっており、少人数クラス(6名)で同じ進度で進めていきますので、一体感が生まれ、実習が盛り上がり楽しく学んでいただけます。タートルの実習が「楽しい!」と言っていただける所以かと思われます。



1-3 2年目以降は・・・

 2年目からは「ロボ②クラス」として、プログラミングだけでなくロボットの組み立ても積極的に行います。 自分で考え試行錯誤して作り、プログラミングを施していきます。
 また、希望者はWROなどのロボット大会にも挑戦することができます。

 

ページトップへ戻る


2-1 Arduino(アルディーノ)コース

 マイコン(マイクロコントローラ)と周辺回路を備えた小型基盤で、はんだ付けをすることなく回路が作れ、USBポートなどがついています。専用ソフトをインストールすることでPCでプログラミングができるので、様々なものの動きの制御システムなどを作ることができる便利さから、電子工作の新しいかたちを実現した話題のツールとなっています。
 電子工作という趣味の領域のみならず、新しい制御システムを作る際のプロトタイプを手軽に作れるため、プロの間でも利用されています。
 プログラミング言語はC++を使用します。

2-2 タートルのアルディーノコースでは・・

 炊飯器のタイマーや炊き上がりを選べるシステムや、TVのリモコンボタンはどうなっているのだろう・・?また、車の自動運転など今話題の「組み込み」って何だろう?
 はんだ付けなしに手軽に回路が作れるため、回路の仕組みを効率よく学ぶことはもちろん、制御の仕組み、そしてC++というプロの現場で使われているプログラミング言語を学ぶことができます。
 タートルのアルディーノコースでは、LEDランプを光らせるという単純な仕組みから、センサを用いたシステム、ロボットアームを制御するような複雑なシステムまで、あらゆる制御システムを学んでいきます。
  ※コースで必ずしもロボットアームを使用するとは限りません。

2-3 小6、中学生、高校生が対象です

 回路や制御の仕組みを理解し、プログラミング言語を使い、ある程度の理解力が必要になってきますので、学年は6年生以上とさせていただきます。PCの操作に関してはゆっくりでもキーボードが打てる程度で十分です。英語に関しても使う文字は順次覚えてゆけばよいです。

 



ページトップへ戻る

スクール講師のご紹介

久保田直樹(くぼたなおき)
 名古屋大学大学院でウェアラブルロボットの研究を行っています。専攻は機械ですが,実際に扱っているのは機械工学・制御工学・人間工学など多岐に渡っており,ロボットの奥深さを日々楽しみつつも苦労させられています。
 プライベートでは,3DCGでロボットを作ったり,読書にいそしんでいます.大学に入ってからは東野圭吾に魅了されて新刊は必ず読んでいます。東野圭吾ファンも募集中です!
ロボットはドラえもんやガンダムなどのフィクションにしかいなかったものでしたが,最近はPepperやロビのように私たちの身の回りにも現れるようになりました.このようなロボットがどんな風に動いているのか,どうすればもっと進化できるのか,生徒さんに教えながら一緒に考えていきたいです 。

宮本恭寛(みやもとたかひろ)
 こんにちは。名古屋大学の機械・航空工学科に所属している宮本恭寛です。
 H29年4月から大学院に進むことになっており、今は抹消神経の機械による制御のための研究開発を行っています。趣味はボードゲームで、特にドミニオンやカタンをはじめとするドイツゲームを非常に楽しんでいます。興味がある人はぜひ聞いてください!喜んで教えますよ。
 皆さんとは、レゴ・マインドストームのプログラミングを通じて制御の楽しさやロボット作りの楽しさを知ってもらいたいと思っています。皆さん、一緒にレゴ・マインドストームに取り組んでいきましょう!

ページトップへ戻る

時間割と料金
    時間割
ロボ①クラス(1年目 4月スタート生)
各クラス定員6名(1回90分 月2回)
対象:小学4年生~・中学生・高校生
土 13:00~14:30  15:00~16:30  (予備10:00~11:30)
日 10:00~11:30  13:00~14:30
※全て第1・3週(または第5週)
※全てのクラス催行最少人数3名(3名に満たない場合は、
他の曜日・時間をご検討いただくことになりますことを、ご了承ください)

Arduino(アルディーノ)コース(1年目 4月スタート生)
クラス定員6名(1回120分 月1回)
対象:小学6年生・中学生・高校生
第2土 14:00~16:00 (振替日 第4土 14:00~16:00)
※催行最少人数3名(3名に満たない場合は催行されないことを、ご了承ください。


    料金 ※全て税抜
入会金10,000円  
設備・教材費(半年分)6,000円  ※アルディーノコースのみ受講の場合いただきません
受講料 ロボットプログラミングコース  11,000円(1か月分)
    Arduino(アルディーノ)コース  7,000円(1か月分)
    ※ロボットプログラミングコースとともに受講の場合6,300円(1か月分)
    ※初期費用として、アルディーノエントリーキット(4,000円)を購入いただきます
    ※別途パーツ・センサ等の費用が月ごとに必要となります
全てのコースに受講料の兄弟姉妹割あり(下のお子様は半額となります)

ページトップへ戻る

アクセス方法
タートルロボットプログラミングスクール(名古屋駅前校)
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-2-10 日進ビル 402
電話番号:052-446-7126
FAX番号:052-446-7127

ページトップへ戻る

無料体験説明会
下のPDFをクリックしてご覧ください。



受付・お問合わせ、お電話または当ホームページ問い合わせフォームから

 

※PDFファイルの閲覧について
PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください(無料)。

get adobe reader





ページトップへ戻る